ハタ釣具店に聞いた上野原市で渓流釣りをおすすめする6つの理由

毎年3月頃に解禁される上野原市の渓流釣り。シーズン中で天気のいい日には河川のそこかしこで釣り人の姿が見られます。

多くの人が訪れるそのワケ6つを商店街にあるハタ釣具店に聞いてきたのでまとめます。

s__45850626

川へ入りやすい

河川の源である山はそう険しくないため、釣りスポットの川べりへ入って行きやすいです。

重装備で登山をするようなスキルや準備は必要なく、自動車を停めてすぐに川へ入れるのが嬉しいポイントです。もちろん、駐車禁止のエリアには駐車してはいけませんし、そうでない場合でも往来にはよく注意しなければなりません

新宿から90分

およそ、新宿から自動車で上野原ICまで1時間、そこから自然あふれる西原・棡原地区まで30分です。

都会の喧騒を離れ自然の中で気持ちのいい釣りを楽しむにはこれ以上の場所は無いのではないでしょうか?日帰りがラクラクできてしまいます。

計画的な放流

漁業協同組合が毎年、ヤマメやアユの放流を計画的にしています。

年間で一気に放すのではなく何回かに小分けすることで、1年を通じていろいろなシーズンに釣りを楽しめるようになっています。

初心者〜上級者まで

八ツ沢や八米といった平地に近い地区はアクセスがよく川へ入るのもより簡単で初心者向けと言えます。

上流にあたる西原・棡原は当然、放流量も多くて魚影が綺麗に見られます。このあたりになると自然が豊かで危険なシーンも出てくるので注意が必要です。

つまり、初心者から上級者まで幅広い釣りファンに楽しんでもらえ、レベルに応じた渓相があると言えます。

水が綺麗

渓流釣りの人気スポットとして知られる鶴川は水が綺麗です。棡原にはコンディションのいい魚が多いとのことでした。

開発があまりされていず、西原・棡原の森が育んだ水は、もちろん上流のほうがより澄んでいます。

つまり、元気な魚の釣れる確率が高い、と言えるそうです。

釣り人に寛容

上野原市ではもともと釣りをする人が多く、釣りに対する理解が育まれているそうです。

市外から来る釣り人に対しても同じ意識を共有できるために、排除したり批判したりすることはほとんど見受けられないとのことでした。

とはいえ全国共通にある釣りのマナーは必ず守って、地域と共存する釣り文化にしていきたいものですね。

6つの理由は以上です。

thumb_img_8617_1024

ハタ釣具店

これらのお話を教えてくれたのは商店街にあるハタ釣具店。

いまの主人で3代目、終戦間もなくから70年近く続く老舗です。釣り人口が減っていってしまっているなか、子どもたちに自然や河川への興味をもっと持ってもらいたいと主人は願います。

地元のオススメスポットや釣り方のコツを丁寧に楽しくアドバイスしてくれるので、初心者から上級者まで、上野原で渓流釣りをする際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

  • 名称:ハタ釣具店
  • 住所:山梨県上野原市上野原3441
  • 電話:0554-63-0334
  • 営業時間:8:00~20:00(10月~2月8:00~19:30)日祝日は19:00まで
  • 定休日:不定
or

ログイン

もしくは    

忘れましたか?

or

Create Account