ゆずりはら長寿の里に豆腐のやっこ屋あり

長寿の里として話題になったことのある山梨県上野原市の棡原地域。

そこに佇むひとつのお豆腐屋さんがあります。市外のファンも多い「やっこ屋」は、小さいながらも独自色あふれるこだわりのお店です。

やっこ屋

プリン!? たこやき!?

豆腐プリンはまだ聞いたことがあるけれど、豆腐でできたたこやきがあるなんて思ってもいませんでした。なかばがんもどきのような食味の生地がタコを包み込み、ヘルシーで優しい味わいを創出します。

プリンの柔らかくなめらかな世界観に、大豆の香りが彩りを添えます。フルーツや蜜をかけていただきます。

やっこ屋:豆腐たこやき

もともと好きじゃなかった

ご主人は、会社勤めを経て、何か商売をやってみたいという思いから、豆腐作りに明るい弟さんから指南を受け、52歳の頃、自宅の庭で取り組みを始めたそうです。

今から11年前にお店を設立し、息子さんも参加し、家族でお店を経営しています。たまたまこの地域に豆腐屋が無かったこと、棡原(ゆずりはら)の水が綺麗だったことなどから、設立当初から地域の人気を博しました。

ご主人はなんと、もともとは豆腐が好きではなかったそうですが、弟さんの作るものは美味しく食べれたということです。

おかげさまで大忙し

thumb_IMG_6742_1024

人気があり、人出不足で、毎日大忙しだとご主人は話します。市外のほうがお客さんが多いとのことで、東京や神奈川などの遠方からも訪れるそうですからすごいですね。

また、銀座の飲食店からオファーがあり商品を卸しているそうです。飲食店の方がお店へ訪れて試食し、美味しいということで取引が始まりました。

地域へ想うこと

ぜひ、棡原が、若い人が住みたくなるような地域になっていってほしいとご主人は考えています。今やお年寄りばかりになってしまったこの地域を、空き家を活用するなどして若い人を呼び込み、元気を取り戻したいと考えます。

担い手減少から畑が荒れている状況も危惧しており、空気や水の綺麗なこの地域へ若い人にぜひ来てもらいたいと話すご主人の物腰は、絹豆腐のように柔らかく、お話を伺っているだけで湯豆腐が食べたくなってしまいました。

やっこ屋

or

ログイン

もしくは    

忘れましたか?

or

Create Account