初心者でも登山OKな山梨県上野原市のオススメ山5つ

山梨県上野原市には市をぐるりと囲むように山々があるため、多様な登山を楽しむ事が出来ます。

山梨県上野原市の山は、500~1,300mまでの低山であることが特徴です。低山のため登りやすく、見晴らしのバッチリな山々が連なっており、初心者から中級の登山者にとてもオススメです。

今回は、その中でも山梨県上野原市がオススメしている5つの山を紹介します。

八重山

標高530mの低山で、登山口には整備された駐車場とトイレが完備されています。一部のルートを除いて登山道も綺麗に整備されているため、1時間ほどのハイキング感覚で山頂を目指すことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂の手前には綺麗な展望台があり、そこから山梨県上野原市内と富士山を一望できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1時間で山頂までたどり着けるということで山梨県上野原市の中で最も初心者向けの山となっています。もっと歩きたい方は隣の能岳(542m)まで縦走することができ、帰りは八重山駐車場の近くや最寄のバス停近くまで下りていくことが可能です。

八重山の無料ガイドを実施中です。詳細はコチラをご覧ください。

要害山

こちらも標高536mと低山でとても登りやすく、2016年になってハイキング雑誌に紹介されたことから人気が急上昇している山です。

戦国時代に周囲を監視するための砦があったことから、「要害」山と名付けられており、山頂は平らでとてもいい眺望です。外観が綺麗なお椀型であるため「おっぱい山」と地元では親しまれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縦走する場合も、雑誌で紹介されたコヤシロ山(592m)を経由して二本杉山(908m)まで行く約10kmのコースやコヤシロ山から尾続山(538m)まで行く約5kmのコースなどがあり、何度来ても飽きないです。

高柄山

標高733mではありますが山梨県上野原市では中級者向けと言われている山で、いくつか傾斜のきつい場所があります。

非常にアクセスしやすく、四方津駅から登山口まで歩いて行け、高柄山と御前山を経由して上野原駅近くに下りられるため、バスいらずの約10kmのコースとなります。

thumb_IMG_4660_1024

坪山

標高1,102mと山梨県上野原市では高い方であるこの山は、山頂が1坪程しかないため坪山と名付けられています。

山頂付近にはヒカゲツツジやイワカガミなどの高山植物の群生地があるため、開花時期である4月~5月にかけてとても人気のある山です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土産物を買えたり食事ができたりするびりゅう館方向へ下山した場合、その途中に枝ぶりの不思議な木々が乱立しているエリアがあります。

これは、地域の人たちが、炭焼き用に頻繁に伐採していたためとのことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

権現山

標高1,320mと、山頂が東京側にある三頭山を除いて上野原最高峰の山ですが、山頂直前にある急斜面以外は登りやすい山となっています。

特に中盤のなだらかな尾根道は雑木林に覆われており、紅葉のシーズンは特に美しいです。

_DSC7599

山頂は綺麗に整備されており、西は富士山、東はスカイツリーまで眺望できます。

_DSC7601

以上、山梨県上野原市がおすすめする5つの山を紹介しました。シーズンごとに多様な表情が楽しめる山々をぜひ歩いて、自然の素晴らしさを体感してみませんか?

アクセス

or

ログイン

もしくは    

忘れましたか?

or

Create Account