菓子処の植松はファンを内外に抱える人気店

山梨県上野原市に住む人ならそのほとんどが知っている、あるいは行ったことがあるお店ではないでしょうか。

商店街の東端にお店を構えるこちらの菓子処は、市内外から多くのファンを惹きつける名店です。忙しい仕事の合間をぬって時間を割いていただき、お話を伺ってきました。

植松

みんなに愛されるあんどうなつ

植松の大人気商品であるあんどうなつ。一回食べればその信奉者になってしまうこと間違いなしの美味しさです。

現在の店主で4代目だそうですが、このあんどうなつは戦後の甘いものが希少な2代目の時代から変わらない味わいで続いているそうです。

思わずほっこりしてしまう甘みや外側のサクサクとした食感が、中身のあんこと素晴らしいハーモニーを奏でます。

植松:あんどうなつ

キヌアおかきに挑戦

上野原市が特産化を進める雑穀キヌアにも、商店としていち早く商品化に着手しました。

初めてキヌアを見たときから、その個性の強さなどから、おかきにするのが一番ではとイメージしていたそうです。

キヌアおかきは、がりっとした堅めの食感で、とても美味しいと人気です。食べ口は決して軽くなく、しっかりと味わいながら食べられるお菓子に仕上がっています。

最初の試作から作った印象は良く、パッケージを専用の袋に変更するなど、認知向上とともに改良を重ねてきているそうです。作るのに3週間もかかることから、店頭から切らさないようにするのも工夫がいります。

植松:キヌアおかき2

4代目の魂

ご主人は、代々続くものを大事にしながら、自分にしかできないことをやっていきたいと話します。古来のものを今風にアレンジしたり他のものと融合させたりと、新しいことにチャレンジしたいとのことでした。

お菓子の縁は不思議で、お菓子を介在して人と人とが繋がることがあるそうです。突然、有名人や大手百貨店のバイヤーが訪れることもあるということで、その品質の高さは人づてに拡散しているようですね。

植松:店内

人に必要とされるお店づくり

お店と、お客さんや地域との関わりについて、最後に聞きました。

山梨県上野原市内の人はもちろん外のお客さんにも大事にされるお店でありたいと願っているそうです。植松があるから山梨県上野原市に住んでいてよかった、植松があるから山梨県上野原市へ行くよ、と言ってもらえるようなお店づくりをしています。

店員さん一丸となってお客さんとの対話を楽しむような雰囲気づくりを心がけ、店を盛り上げるためにディスプレイを工夫するなどは店員さん自らが手掛けるそうです。随所に店主直筆のポップ文字がありますので、そちらもお見逃しなく。

植松:外観

植松のある上野原

「山梨県上野原市は都心からのアクセスがいい。ぜひお店へ訪れて、お菓子を食べて喜んでもらいたい。牛倉神社、桂川、八重山など、歴史や自然の溢れる上野原を、ぜひ多くの人へ知ってもらいたい。」

と話してくれました。ずっと山梨県上野原市に住んで店を構えるご主人は、地域の「ひと」が一番の魅力で、そんな人達に必要とされることを常に心がけています。

真摯で謙虚ながら挑戦心あふれる菓子処植松は、今日もファンを惹きつけます。

植松

or

ログイン

もしくは    

忘れましたか?

or

Create Account