上野原市棡原にある軍刀利神社は知る人ぞ知るパワースポット

パワースポットと検索すると全国各地の名所がヒットしますが、ここ軍刀利神社は都内から日帰りで来ることができることで密かに人気を集めています。

ちなみに、ぐんだりじんじゃ、と読みます。厄除け・招福・縁結びなどで有名な神社です。実際に軍刀利神社を訪れた後に結婚したり、スポーツの競技会で優勝したりと恋愛や勝負事のご利益があった話を数多く聞きます。

私も、縁結びと聞いて家を飛び出して軍刀利神社へ行ってきました。

<言い伝え>
祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと)
永承3年に創立した際には軍荼利夜叉明王社と称していた。軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)は、京都東寺の国宝像で知られるように、五大明王のうちの一尊。1面3眼8臂の姿で表されることが多い。古くは軍荼利明王を祀っていたのではないかと想像される。明治の廃仏毀釈で仏教色の強い明王が廃され、代わりに武神としての日本武尊を祭神としたのではないかと思われる。

秘密の場所っぽい入口

軍刀利神社は棡原地区の井戸という地域にあります。

看板が立っていますが、注意してみていないと通り過ぎてしまいそうです。ちょっぴりわかりづらい場所にあるのがまた冒険心をくすぐられます。

この先の鳥居をくぐりしばらく登っていくと石段が見えてきます。車で訪れる際にはこの石段の横に駐車できるスペースがありますが、下から歩いて登っていくのがおすすめです。

蔵カフェのハシドイは新しい出逢いに満ちた宝箱で紹介した喫茶店の珈琲の水も、この軍刀利神社の近くの湧き水を使っています。

ひしひしと感じるパワー

約140段の石段を登りきると、汗がスッとひいていくような凛とした空気を感じることができます。ちなみに、石段の左側の道を登っていっても本殿へたどり着けます。

拝殿の横にある日本武尊東征に由来する巨大な剣が目を引きますね。

ここ本殿でも十分なほどパワーをもらえますが、実はこの奥にもっと神秘的な場所があるんです。

より清浄なエネルギーを

本殿から更に奥に進むと、奥の院にたどり着きます。

ここが一番エネルギーを感じる場所で、本殿よりも空気が澄んでいるのがわかります。ひんやりとした澄んだ空気と川のせせらぎが心を癒してくれます。

ご神木の大カツラの木は県指定の天然記念物となっており、推定樹齢500年と言われています。素人が撮影してもこの迫力。写真に納まりきりません。

根元付近から冷たく澄んだ清水がこんこんと湧き出ており、どんな日照りのときでも絶えたことがないため、「水の木」と呼ばれ親しまれています。

その昔、雨が降らない日が続いた際にこの木の前で雨ごいをしたら、夕方からポツポツと雨が降り始め夜には雷雨になったとか。

愛され続ける軍刀利さん

毎年決まった日に祭典が行われます。私が訪れた日も春の例大祭の真っただ中でした。

元旦祭 1月1日
春例大祭 4月19日
秋例大祭 10月19日
新嘗祭 11月23日

神奈川県から毎年来るご家族や、棡原から町へ出た方などたくさんの人で賑わっていました。

例大祭の日には社務所が開いており、お守りや御朱印をいただくことができます。私も人生初の御朱印をいただいてきました。

実際に行ってみて

こればっかりは、自身で感じてみてもらわなければ伝わりません。パワースポットなんて聞くと「オカルト」や「スピリチュアル」なんて言葉をイメージするかもしれません。

それらに全く関心のない私が実際に行ってみたから言えること。

“静かな空間に聴こえる川のせせらぎと鳥や虫の声。凛としたきれいな空気に癒される。なんだかやる気が満ち溢れてきた気がする。”

それだけでも行ってみる価値はあります。冒頭で書いたように、実際にご利益があった話を数多く耳にするのでパワースポットとしておすすめです。

コンクリートに囲まれた日常から、新緑と不思議なエネルギーに囲まれた非日常の世界へ足を踏み入れてみてはいかがでしょう。

余談ですが、縁結びの神様のご利益のおかげで、私にも近々幸せが訪れる予定です。

 

アクセス

 

or

ログイン

もしくは    

忘れましたか?

or

Create Account